自分で出来る防犯対策

住まいの安心を守るのはあなたです。防犯対策は万全ですか?

自分で出来る防犯対策

いろいろできる防犯対策

いろいろな事件が思いがけず起こる世の中になっています。自宅の防犯対策はどうされていますか。

ちょっとした油断で被害にあってしまうことのないように、日頃から防犯についての意識を高めておく必要があります。

まず、防犯の基本といえば施錠です。出かけるときはもちろんですが、自宅にいるときでも、玄関のカギは必ずかけるようにしておきましょう。

特に夏場は、暑さのために玄関を開けて風を通したいという場合がありますが、その場合でも、カギつきの網戸を取り付けたり、ドアを全開にするのではなくチェーンはかけておき、隙間風を通す程度にするなどの工夫が必要です。

セキュリティ会社と契約して防犯することもできますが、あまりお金をかけたくない場合は、窓を2重カギにしたり、玄関ドアにアラームを取り付けたりと、自分でできる防犯対策はいろいろあります。

一戸建ての場合は、窓の下に踏み台になるようなものを置かないようにしたり、庭まわりに砂利を敷いて、踏むと音がなるようにするのも一般的によく使われる対策です。

日頃から隣近所の人と声を掛け合って、住人同士の連携が取れるようにしておくことも、防犯対策として有効です。

見知らぬ人間が入っていきにくいような雰囲気を作っておくことが必要でしょう。